イメージ画像

ニキビ化粧水~赤ニキビについて~

ニキビの種類の中でも、赤ニキビは症状としては重めのものです。白ニキビや黒ニキビには、痛みがありませんが、赤ニキビは痛みを感じるようになります。見た目の大きさとしては、小さめですが、触ると強い痛みを感じます。

炎症が進んで、症状が悪化しているため、その上からメイクなどをするのは避けましょう。また、自分でケアを行う事でも治る事もありますが、場合によっては皮膚科なども検討し、少し力を入れて治していく必要があります。

赤ニキビは、生じた段階から赤ニキビになるわけではなく、白ニキビや黒ニキビから、赤ニキビに発展するというのが通常のでき方です。赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビで起こっている炎症が、そのまま引かずに、更に進行していく事が原因となっています。

そのため、まずは事前の段階から、洗顔などで原因となる皮脂などを取り除き、予防しておく必要があります。

できてしまった時の対策としては、基本は白ニキビや黒ニキビと同じく、肌を清潔に保ち、きれいに洗顔を行うというのが効果的です。気を付けたいのは、赤ニキビを直接触らない事です。

炎症が起こっており、手で触ると、手に付いている細菌などが赤ニキビに直接付いてしまい、更に悪化する原因となってしまいます。そのため、何も付けない状態を保つという事も大切になります。メイクなどは極力控えて、自然な状態を保ちましょう。

また、赤ニキビには薬を付けておく事も、時には必要です。早く治したいと思った時は、市販のニキビ治療の塗り薬を活用すると良いでしょう。

塗る時も手は清潔にし、なるべく直に触れないように気を付けて塗りましょう。また、赤ニキビができる方は、敏感肌の方も多いため、あなたの肌にその薬が合うかどうかも確認しておきましょう。肌に優しいタイプのものなどを使うと、肌への負担が少なく使う事ができます。

ニキビの予防のために飲むと良いもの

ニキビの予防に効果的なものには洗顔がありますが、もうひとつ効果的なものに、水を飲むという事があります。水を飲む事でどうしてニキビの予防につながるのと不思議に思う方もいるかもしれませんが、これには試して損はない驚くべき効果があるのです。

特に、ニキビは肌の栄養分が足りていないからと考えて、食事に気を付けたり、野菜ジュースを飲んだりするという方もいますが、それは大切ですが、改善が見られない場合は水を多く摂ってみましょう。

人間の70%は水分でできていると言われていますが、水はこのように、人にとってなくてはならないものなのです。水分がある事で、さまざまな人の機能を正常に保っておく事ができるのです。ですが、水分は目には見えにくく、気付かないうちに失われがちです。

人の神経は、水分が少なくなってくると、喉が渇いた感覚を感じさせる事などで、水分不足を知らせてくれますが、現代社会ではこのシグナルを、他の事に意識が向いて気付かない事も多いです。

水分が少なくなった体内は、肌にも体にも、悪影響が出やすくなっています。血液も濁りが出てきたり、さらさらな状態でなくなる事により、老廃物が上手く排出できなかったり、必要な栄養分が送り届けられなくなったりします。

また、肌の潤いやツヤのためには、水分が必要不可欠です。保湿に気を使っている方もいると思いますが、水を飲んで、水分補給をしておくと、肌に送り届けられる水分も十分行き渡るため、きれいな肌を作る事ができます。

また、単に水を多めにとるようにするだけでも効果はありますが、よりこだわりたいという方には、水の質にもこだわってみるのもお勧めです。特にお勧めなのは海洋深層水などの、ミネラルが多く含まれている水です。

ミネラルウォーターと呼ばれて市販されていますが、こうしたものも味はなく、見た目も普通の水ですが、体に必要な成分が豊富に含まれています。風味などは少し異なる事もあるため、好みもありますが、合う方は試してみるのもお勧めです。

このページの先頭へ