イメージ画像

ニキビの治療薬は慎重に選びましょう

現在、さまざまなニキビの治療薬が販売されており塗り薬や飲み薬などタイプもさまざまです。たくさんの中から選ぶのは大変だと思いますがニキビを悪化させてしまわないためにも治療薬を選ぶ際の注意点を理解しておきましょう。
ニキビ化粧水とケミカルピーリング

まず、塗り薬の場合ですが、塗り薬には抗生物質による殺菌効果があるものや角質溶解効果のあるもの、そして炎症を抑えるものがあります。特に殺菌効果のある治療薬が多いようです。

その理由はニキビの原因菌であるアクネ菌を殺すことができるからなのです。この殺菌効果のある薬は角質溶解効果のある薬と併用して使われることがあります。何故ならば角質を溶かすことで、毛穴が広がり殺菌効果のある薬をより奥まで浸透しやすくなるからです。

しかし、毛穴が広げることで効果が上がる分、炎症を起こしやすくなってしまうというリスクもあります。そして角質溶解効果のある薬の場合は、皮膚の角質を溶かしていくのでかゆくなることもあります。

そのため、角質溶解効果のある治療薬を使用する場合は医師の指示に従い十分注意をしながら使用しましょう。

次に抗生物質によるニキビ治療薬についての注意点ですが、抗生物質ってアクネ菌を殺菌するために皮膚科で処方されることはよくあることです。

しかし、抗生物質を服用することで副作用を起こす可能性があります。その理由は抗生物質により腸内にいる善玉菌も殺してしまうため腸内環境が乱れ下痢や便秘などが引き起されるからです。

そのため、抗生物質を服用する場合は、整腸剤を併用することが望ましいでしょう。その他にもさまざまな副作用のリスクがありますのでもし長期的に抗生物質を服用しなくてはならないのならばきちんと検査を受けながら服用しましょう。

ニキビの治療薬には他にもピーリング剤があります。ピーリング剤を使っている洗顔料も今はたくさんありますね。ピーリングの目的は肌のターンオーバーを正常化させることです。ピーリングすることで古い角質が削ぎ落とされるのでターンオーバーが高まり色々な美肌効果が期待できます。

また、毛穴の詰まりも改善されるのでピーリングはニキビ治療にとても効果的なのです。しかし、ピーリング剤は肌に合わないと炎症したりかぶれたりしてしまい肌にシミを残してしまうことがります。

また。ピーリング剤の濃度が合わないと、肌のバリア機能が破壊されてしまい保湿力が低くなります。そのため、ピーリング剤は種類や使用量に気をつける必要があるのです。

このようにニキビ治療薬には種類によってさまざまな注意点があり、それぞれ気をつけることでニキビの悪化を防ぎより早期的に回復させることができるようになるのです。治療薬を選ぶときはまずは皮膚科の医師に相談すると良いと思います。

普段の気遣いで大人ニキビを改善できる!

大人ニキビの原因はとても多岐にわたります。そのためニキビを作らせないためにも色々と気を使っていかなければなりません。

しかし、そんなに色々なことろに気を使うのは疲れてしまいますし逆にストレスになってしまうこともあります。なので、普段から気をつけるべきことを意識して簡単なケアを実行していくようにしましょう。

まずは普段の気遣いをしていく前に今すぐやめたほうが良い習慣を理解しましょう。まずは喫煙です。タバコには200種類以上の有害物質が含まれており健康だけでなく肌にも悪い影響を及ぼします。

基本的に健康に悪いものは肌にも悪いのです。タバコを吸うと肌の老化が急速に進むためいくら美肌を目指しても意味がありません。

そして次はお酒の飲み過ぎです。飲酒することで体内のビタミンが消費されてしまいます。ビタミンは美肌を作る上では大切なものですので飲酒はほどほどにしておきましょう。

体がむくんでしまう原因にもなりますし飲酒することで活性酵素も発生するので飲み過ぎないように、無理せず飲める適量程度に抑えておきましょう。

そしてもう1つやめたほうが良い習慣があります。それは夜更かしをすることです。夜更かしをすることでホルモンバランスが崩れてしまいますし心も体もリラックスできません。肌には悪影響しかありませんので夜更かしはやめましょう。

では次に普段の気遣いについてです。まず、朝ごはんはきちんと食べるようにしましょう。朝ごはんを抜くことは肌に悪影響なだけでなく肥満の原因にもなりますので朝ごはんは抜かないようにしましょう。

そして、夜は必ずメイクを落とすようにしましょう。落とさないでそのまま寝てしまう人もいると思いますがそれは肌が荒れる原因になります。肌は清潔にしてからリラックスさせてあげましょう。

洗顔をしたあとは、デリケートになっていますので、乾燥してしまわないようにすぐにスキンケアをしましょう。大人ニキビは乾燥により悪化することが多いので化粧水でしっかりと潤わせておきましょう。

また、体の水分も不足してはいけません。きちんと水分補給することで、血液の循環が良くなり体にも良いですし肌にみずみずしさとハリが与えられます。2時間にコップ1杯程度の水を飲むことがおすすめです。

他にも寝具をこまめに取り替えるなど普段からちょっと意識すればできることが、ニキビの無い美肌へ導く習慣となります。ニキビの無い綺麗な肌を目指すなら普段から少しずつ肌に良いことを意識して実行していきましょう。

ニキビ予防・対策に大切なのは洗顔方法

ニキビケアで最も重要だと言っても過言ではないこと、それは正しい洗顔をするということです。正しい洗顔方法をすれば肌を清潔にすることができ、ニキビ予防や対策にとても有効的になるのです。

正しい洗顔方法のポイントがいくつかありますのでそこを抑えて綺麗な肌を目指してくださいね。 まず洗顔ってなぜするのだと思いますか?勿論皮脂や汚れを落とすことは当たり前なのですが他にも角質を良好な状態にしバランスを保つことが洗顔をする目的になっているのです。

なので、洗いすぎると角質が剥がれてしまいバリア機能が壊れてしまいますし、だからと言って全然洗わないと肌は不潔になってしまうので洗顔の回数は1日2~3回までにしておきましょう。

まず洗顔をする前にホットタオルをすることがおすすめです。レンジで火傷しない程度に温めたタオルを顔に乗せて毛穴を十分に開かせます。そうすれば泡を立てて優しく洗うだけで汚れもすっきり落とせます。

使う洗顔料は弱アルカリ性がおすすめです。泡立ちも泡切れも良いですし、汚れを綺麗にしてくれるのに程よく皮脂は残しておけるバランスが良い肌にしてくれます。

洗うときは絶対にごしごしこすったりしないこと。十分な泡を立てて優しく顔を包み込むように泡で汚れを浮かせるような感じで洗いましょう。泡を立てるのが難しい人はネットを使えば簡単にできます。洗顔用ならクリーミーできめ細かい泡が簡単にできますよ。

また、程よくピーリング剤入りの洗顔料と併用することがおすすめですよ。毛穴が詰まることでニキビができてしまうので毛穴の汚れをしっかり落とすにはピーリングが有効的なのです。

そして洗顔で使う水はアルカリイオン水がおすすめです。よくスーパーなどで無料でもらうことのできる水ですね。活性酵素を減少させるので、飲水としてだけでなく洗顔時に使う水としてもおすすめです。

他にも肌に優しく、そして毛穴の汚れをきちんと落とせるニキビケアに有効的な洗顔方法はたくさんあります。その中でも自分に合った洗顔方法を見つけてみましょう。

間違った洗顔方法はニキビにとって逆効果だったり全く変化をもたらせなかったりします。しかし、毎日正しい洗顔方法を実行するだけでニキビが改善することもあります。正しい洗顔方法で綺麗な肌を手に入れてましょう。

このページの先頭へ